骨を強くするケイ素 | Healthypress

Healthypress
骨を強くするケイ素

骨を強くするケイ素

ケイ素は骨密度を高め、骨粗しょう症の改善や予防に力を発揮します。

ケイ素は骨の形成に欠かせないミネラル

骨を丈夫にするためには、カルシウムだけでは足りません。実はカルシウムを効率よく補給するためには、ケイ素の働きがカギとなります。

ケイ素不足などでカルシウムの補給が上手くいかなくなったときに起こるのが骨粗しょう症。

骨粗しょう症はカルシウムが減少して骨密度が低下し、
骨がもろくなる疾患のことで、折のために高齢者が寝たきりになったり、重篤な後遺症を起こす原因にもなっています。

骨といえばカルシウム。そう思っている方が多いことでしょう。
しかしそれだけではありません。

骨の成分で最も多いのは確かにカルシウムで、リンなどと合わせて無機質部分が全体の65%を占めます。
残り35%のうち10%が水分、残り25%が有機質で、これが主にコラーゲンです。

コラーゲン

量的には少ないですが、骨の構造を形作っているのはコラーゲンです。
そしてその隙間をカルシウムが埋めているというのが真実です。

ちょうど建物の柱に当たるのがコラーゲンで、壁に当たる漆喰(しっくい)やコンクリート部分がカルシウム等といっていいでしょう。

骨を鍛える

しなやかなコラーゲンとたっぷりのカルシウムがあって初めて、丈夫でよい骨ができるのです。

コラーゲンを食べても意味がない

コラーゲンの重要さを語りましたが、実際はコラーゲンは意味のないものなんです。

ご存じの方もおられるでしょうが、コラーゲンは食べると消化のプロセスでいったんアミノ酸に分解されてしまいます。

コラーゲン

このアミノ酸が消化酵素でバラバラになると、今度は用途別のタンパク質の材料になります。

再び同じコラーゲンになるかどうかはわかりません。

またコラーゲンを構成しているアミノ酸は種類が少ないため、コラーゲンの大量摂取は栄養のバランスを崩します。
したがってコラーゲンを増やしたいからといって、コラーゲンを摂取する必要はなく、むしろ色々なアミノ酸が含まれた肉、魚、大豆などをまんべんなく食べた方がいいのです。

そこで登場するのがケイ素です。

よい骨を作るためのコラーゲン(の材料)、あるいはアミノ酸とカルシウム。
これらをうまく接着させるのが、ケイ素なのです。

骨は鉄筋コンクリート

ケイ素は、繊維質のコラーゲンとカルシウムを接着させ、いわゆる骨密度を高めます。
そしてしなやかさと頑丈さを両立きせ良質な骨を作ります。

骨密度アップにケイ素が良い理由

ケイ素はまだまだ日本ではなじみの薄い成分ですが、栄養補助食品やサプリメントの研究開発が進んでいるドイツでは非常に重要視されているミネラルの1つです。

というもの、成長期の子供や骨のカルシウム欠乏の人がカルシウムだけを摂取しても、ほとんど有効に活用されないことが最近の研究で明らかになったため、体内でカルシウムを運搬し、骨の中のミネラル形成を促進させるためにはケイ素が必要不可欠なんです。

ケイ素,カルシウムj

この記事が気に入ったら「いいね」しよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です