水溶性ケイ素でお風呂は温泉になる | Healthypress

Healthypress
水溶性ケイ素でお風呂は温泉になる

水溶性ケイ素でお風呂は温泉になる

水溶性ケイ素の効果には様々なものがあるとされていますが、その中でも水溶性ケイ素をお風呂のお湯に入れると温泉になってしまうから驚きです。

ケイ素温泉

温泉法による温泉の定義

温泉には「温泉法」によって定義された条件があります。

・温度は摂氏25度以上
・含んでいる物質としては、20種類近く定められたものの中で、どれか一つを既定の含有量以上含んでいること。

温泉

含んでいる物質としての定義の中に「メタケイ酸(H2SiO3)50mg/kg 以上」が上がっているのですが、これは水溶性ケイ素で実現することができます。

つまり自宅のお風呂のお湯に水溶性ケイ素を混ぜることで、温泉法に則った温泉を作ることができるということです。

美肌の湯に必須のミネラル・ケイ素

「メタケイ酸」は温泉中にケイ素と酸素がくっついたカタチとして存在します。

メタケイ酸

ケイ素は人体にも必須のミネラルであり、不足すると髪がぱさつく、枝毛が増える、爪が割れる、もろくなる、乾燥肌になる、唇が割れるなど、カラダ全体に水分不足の兆候が現れます。

ケイ素は保水する力が優れており、
保湿成分として化粧品原料においても注目されています。

ケイ素たっぷりの温泉に入ると、お肌がしっとりと感じるのはこのためです。

googleで「メタケイ酸」と検索してみると、
有名な温泉、旅館、ホテルが出てきます。

温泉

メタケイ酸の効能

・肌の新陳代謝を高める
・抗酸化作用による細胞の修復効果
・保湿効果
・爪を強くする
・毛髪を強くする
・皮膚の老化を抑える

基本的に美肌という観点で、多くの効果が見込めるようです。

これは、メタケイ酸が肌のセラミドを整えるのに一役買っていると言われているからで、天然の化粧水などと例えられることもあるほどです。

このようにメタケイ酸は「美容成分」として注目されている物質です。

自宅のお風呂も温泉に

温泉の条件で「メタケイ酸(H2SiO3)50mg/kg 以上」であれば温泉と呼べるという話がありましたが、まさにこの数値以上であれば、美肌に効果があるとも言われています。

となると、水溶性ケイ素を入れたお風呂で自宅温泉を実現したとすると、それは天然温泉と同様の効果が見込めると言えるはずです。

自宅を温泉

温泉地でもない限り、頻繁に温泉に通うことは出来ません。

ところが、自宅で水溶性ケイ素を使えば
毎日のように温泉に入れるようになります。

もちろん本物の温泉ではないのですが、得られる効果が同等だと見込めるのであれば、毎日使ってお肌を整えたいものです。

ケイ素の量

自宅を温泉にすると費用がかかってしまいますが、ケイ素は温泉にも使われるほど体には良いもの、という事ですね。

“水溶性ケイ素”「コアミネラル」

この記事が気に入ったら「いいね」しよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です