ケイ素は不妊症の改善にも効果的 | Healthypress

Healthypress
ケイ素は不妊症の改善にも効果的

ケイ素は不妊症の改善にも効果的

日本で不妊症に悩むカップルは6組に1組といわれ、何らかの不妊治療を受けている人は50万人と推測されています。
近年、日本で不妊に悩む人は、減少するどころか増えているとさえいわれています。

不妊症に悩む

不妊症率、世界平均9%に対して日本は16%

そもそも「不妊症」とは、どう定義されているのでしょう?

特に病気をもたない男女が一定期間、避妊をせずにセックスをしても妊娠しない場合を一般に「不妊症」と呼びます。そして、この「一定期間」について日本産婦人科学会は「1年」としています。気をつけたいのは、先の調査がこのような基準を踏まえたものではない点です。

不妊症が増加する背景には、晩婚化があげられます。高齢出産の傾向が高まれば、当然不妊症も増えます。また、結婚しても将来の不安から共働き世帯が増えており、1000万世帯以上が共働きとのことです。

不妊症の原因

この共働きも増加しているわけですが、共働きの場合、待機児童の問題もでてきます。子供を作りたくても、預ける先が見つからなければ仕事を続けることも出来ません。社会環境全体として、ますます子供ができにくい状況になっています。

不妊治療が増えるのも自然な流れで起きているようですね。

不妊症の原因は

不妊の原因は、大きく分けて「女性不妊」と「男性不妊」「原因不明」の3つに分かれます。WHO(世界保健機関)が行った不妊原因調査によると、約41%が女性のみ、約24%が男性のみ、女性男性ともに不妊原因を有しているのが約24%、原因不明が約11%となっています。

不妊症改善

原因不明の不妊症を改善するには、体の健康状態を高める必要があるように思います。運動不足や生活習慣が悪いと、いわゆる未病と言われるような状態で日常生活を送ることになります。目に見えた病気にならなくても、快活に生きている状態とは言えません。

こういった体の状態においては、血行が悪くなっているケースが多いようです。血液は栄養を運び、老廃物を運び、細胞を正常に保つのに大変重要なものですから、血液の質、血流の良さを保つことは、健康を維持するうえでは絶対的に必要な条件となります。

ケイ素と血液の関係

水溶性ケイ素は、高濃度なアルカリイオン水によって酸化したドロドロの血液を、瞬時にアルカリ化した健康でサラサラな血液に戻す効果があります。

ケイ素と血液

ガンや心臓病を含めてほとんどの病気は血液が原因とも言われています。

血液を良くすれば、体の機能も向上し、不妊症の改善に役立つのです。

不妊症の改善

活性酸素と不妊改善

また、活性酸素も不妊症につながっていることが指摘されています。これは精子、卵子ともに質が低下してしまいます。

水溶性ケイ素「コアミネラル」は体から活性酸素を除去してくれるので、血液の状態を良くするだけでなく体全体を浄化することができます。

活性酸素と不妊改善

不妊症の原因はひとつとは限らない為、ひとりひとりに対して何が正しいとは言えませんが
水溶性ケイ素「コアミネラル」を使用することで冷え症や血液循環・ホルモン環境が少しでも良くなれば不妊改善に繋がるかもしれません。

不妊にも効果のある”水溶性ケイ素”「コアミネラル」

この記事が気に入ったら「いいね」しよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です