ケイ素の働きと効果について | Healthypress

Healthypress

ケイ素の働きと効果について

ケイ素は「人間に必要な必須栄養素」の一つです。簡単に言うと、ケイ素を摂取していれば、その人本来が持つ100%の「健康」「美容」が手に入ると言われています。その珪素は年齢とともに減少していき、体外から摂取しなければならない栄養素なんです。
ケイ素(シリカ)

 

 

 

 

ケイ素(シリカ)とは?

私達の身体は多くの物質で作られています。

重要な役割を果たす成分としてミネラルが挙げられますが、そのミネラルの成分の1つがケイ素(シリカ)です。ケイ素(シリカ)は地殻中に多く存在している、酸素と並んで生物界に最も多く存在する元素です。原子番号14番、記号では「Si」と表記されます。

体内では骨や髪の毛、血管などの多くの部位に存在しています。

骨とケイ素(シリカ)の関係としては、カルシウムの吸収を助けるためにケイ素(シリカ)の働きが重要とされ、骨粗しょう症との関係性も明らかになっています。

また、ケイ素(シリカ)は皮膚の部分に一番多く含まれていて、コラーゲンの生成を助けると言われています。コラーゲンとケイ素(シリカ)を一緒に取ることで、肌の弾力に効果が期待できるのです。但しこのケイ素(シリカ)、人体に必要な成分でありながら体内で作ることができません。

普段の食事からの摂取も難しく、効果的に摂取するには工夫が必要です。

>>ケイ素(シリカ)を1番簡単に摂り入れられるのは、実績のコアミネラル

ケイ素(シリカ)の効果がスゴイ!

ケイ素(シリカ)

 

 

 

 

 

 

体の中で骨や爪、髪の毛などにも影響を与えるケイ素(シリカ)ですが、美容に対しても大きな影響があります。

ケイ素(シリカ)不足の症状には骨粗しょう症や動脈硬化、ガンに対する免疫低下など健康に直接影響するものも挙げられますが、皮膚のたるみや爪割れ、脱毛への影響もあるそうです。

予防や治療の方法として食事改善やサプリメントの利用がありますが、どんな効果があるのでしょうか?

ケイ素(シリカ)は腎臓などの器官の働きを改善させ、老化を防ぐ効果や免疫力増加が期待できます。体内の脂肪と乳化する働きもある為、体外に脂肪を排出しやすくなるとも言われています。

また、血管を強くする働きのあるケイ(シリカ)素は、細胞と栄養素の結びつきを強くし、お肌にハリも与えてくれるのだそうです。但し、ケイ素(シリカ)はこれらの効果と直結するものではありません。

ケイ素は(シリカ)体内の働きを良くする、手助けをしてくれるから大切なのです。

>>ケイ素(シリカ)を1番簡単に摂り入れられるのは、実績のコアミネラル

ケイ素(シリカ)って美容にも良いんでしょ?

ケイ素(シリカ)

 

 

 

 

 

 

体の内側からのケアとして、美容目的でケイ素(シリカ)を摂取する人も多いようです。メタボリック症候群など加齢と共に現れる体型の変化は、ミネラル不足が影響していると言われています。

加齢と共に減少する成分としてはミネラルの他に酵素も挙げられる為、酵素などのサプリメントも人気となっていますが、酵素はミネラルが足りて初めて機能するものです。

ケイ素(シリカ)を摂る事は、加齢による体型の変化を改善する事だと言えるのです。体型以外の効果としては、髪の毛やお肌のアンチエイジング効果が挙げられます。

ケイ素(シリカ)はコラーゲンの再生を助ける働きをするため、美しく丈夫な爪の成長に役立ったりしなやかな髪の毛を作ってくれます。

また、肌の弾力に必要なエラスチンや潤い成分のヒアルロン酸を結びつける働きがあり、丈夫で健康な肌を作ると言われています。

>>ケイ素(シリカ)を1番簡単に摂り入れられるのは、実績のコアミネラル

えッ!ケイ素(シリカ)に効果なし?

体内では作られないケイ素(シリカ)ですが、サプリメントやケイ素(シリカ)水などで摂取している人の中には、効果を実感している人、していない人と別れるようです。

実感できている人の方が多いようなのですが、「効果なし」とする場合には下記のような理由があるようです。

ケイ素(シリカ)

 

 

 

 

 

 

効果なしと感じる理由

・ケイ素水(シリカ)などを販売している会社はケイ素(シリカ)不足解消を目的としていて、美容や健康に関する効果を保証している訳ではない。

・年齢によってもケイ素(シリカ)不足の度合いは変わるので、効果の実感に違いが出る。

・そもそもケイ素(シリカ)が不足していない人が飲んでも、これと言った変化は感じない。

一口にケイ素(シリカ)不足と言っても、その度合いや必要性には個人差があるようです。

>>ケイ素(シリカ)を1番簡単に摂り入れられるのは、実績のコアミネラル

ケイ素(シリカ)でアトピーも改善される?

ケイ素(シリカ)

 

 

 

 

 

 

湿疹や強い痒みがでる皮膚疾患、アトピー性皮膚炎。

治療が難しい事でも知られ、食生活の改善やステロイドによる治療が一般的です。

実は今、このアトピー性皮膚炎の改善方法としてケイ素(シリカ)が注目されているのです。

アトピー性皮膚炎の主な原因は、免疫異常や皮膚バリアの低下です。

有害物質の滞留による腸の機能低下や血行不良による皮膚細胞の脆弱化が引き起こすものなのですが、ケイ素(シリカ)にはこれらの症状を改善する効果が期待できるのです。

ケイ素(シリカ)がアトピーに及ぼす作用として、下記のことが挙げられます。

・骨や血管を丈夫にし、皮膚を強くします。健やかになった肌は、バリア機能の向上が期待できます。

・ケイ素(シリカ)にはデトックス効果があり、体内の重金属アレルギー源を除去する効果が期待できます。

・血流改善で腸の機能が活性化し、肌細胞に栄養が行き渡ることが期待できます。

アトピーの治療には体の内側と外側の両方からのケアが必要です。ケイ素(シリカ)だけに頼るのではなく、治療の選択肢の1つとして考えてみてはいかがでしょうか。

>>ケイ素(シリカ)を1番簡単に摂り入れられるのは、実績のコアミネラル

ケイ素(シリカ) に副作用はないの?

厚生労働省の発表によるとケイ素(シリカ)には必須ミネラルと同等の栄養価があり、安全性の高い栄養素の1つとされています。

健康食品としても遺伝毒性はなく、遺伝子に生じる突然変異や遺伝情報に変化を与えることはないようです。医学界でも体に対して重要な成分と認められており、人体へ良くない反応が出る事はないと言われています。

但し、ケイ素(シリカ)を使用した健康食品の中には、副作用を起こす添加物が含まれている事もあるため注意が必要です。

ケイ素(シリカ)自体に副作用はありませんが、健康食品として摂取する場合にはその他の成分をよく確認して選びましょう。

ケイ素(シリカ)は食品にも含まれています。

体内では作られないというケイ素(シリカ)ですが、食事で補いたい時はどんな食材を選べばいいのでしょうか?ケイ素(シリカ)が多く含まれる食材を調べてみました。

ケイ素(シリカ)

 

 

 

 

 

 

 

 

ケイ素(シリカ)を摂れる食材
(主食系)玄米、粟、キビ、小麦
(肉類)レバー
(野菜類)ほうれん草、人参、ゴボウ、スギナ、アルファルファ、豆類、じゃが芋
(果物)リンゴ、バナナ
(海産物)ホタテ、ホヤ、サザエ、アサリ、昆布、青のり

数は多くありませんが、主食になりそうなものからおかずや汁物、デザートに至るまで、色んなお料理にケイ素(シリカ)を取り入れられそうです。しかしながら、主食を精白米から玄米に変えたり、ケイ素(シリカ)を意識した食材ばかりを食べることは現実的とは言えません。ケイ素(シリカ)の補給は、食事だけでは難しいのが現状です。

>>ケイ素(シリカ)を1番簡単に摂り入れられるのは、実績のコアミネラル

ケイ素(シリカ)水

ケイ素(シリカ)

 

 

 

 

 

 

砂や岩石、雑穀や海藻などに含まれているケイ素(シリカ)。

大地に降り注いだ雨水が火山岩などの地層に染み込み、長い年月をかけて地下に溜まると、ケイ素(シリカ)の成分を含んだケイ素(シリカ)水になります。

火山国である日本は、ケイ素(シリカ)水が比較的手に入りやすい環境のようです。

日本のケイ素(シリカ)水は柔らかな軟水と中硬水が多く、飲みやすく体内への浸透性が高いのが特徴です。

北海道から鹿児島まで、各地に採水地が点在しています。ケイ素(シリカ)水は加熱するとミネラル成分が減少してしまうので、常温で飲むのがお勧めです。

また、ケイ素(シリカ)水は温泉に含まれていることも多く、皮膚からも浸透するそうです。

そんなケイ素(シリカ)水が注目されるようになったのは、日本人の食生活の変化が原因だと言われています。

加工品やインスタント食品が普及した現代では、食品からケイ素(シリカ)を摂取するのが難しいのです。

そんなケイ素(シリカ)不足を補う方法の一つとして、ケイ素(シリカ)水は有効だと言えそうです。

>>ケイ素(シリカ)を1番簡単に摂り入れられるのは、実績のコアミネラル

ケイ素(シリカ)サプリ

ケイ素(シリカ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ケイ素(シリカ)は美容や健康にとって不可欠な成分です。

例えば丈夫な骨を作るためにはカルシウムが必要ですが、カルシウムを体内に効率良く吸収するためにはケイ素(シリカ)が必要です。

成人が一日に消費するケイ素(シリカ)は約10㎎です。不足しないためにはおよそ10~20㎎の摂取が望ましいですが、現代の食生活で補う事は難しいです。

そこでお勧めなのが、サプリメントで確実に体内に取り込むことです。

しかしケイ素(シリカ)は吸収されにくいミネラルなので、サプリメントの中でも吸収効率を意識する必要があります。コロイド状(微小な粒子を液体に分散した状態)のサプリメントがより効果的と考えられます。

ケイ素とシリカ

「ケイ素」は一般的に「シリカ」と呼ばれることも多く、殆どの場合は同じ意味で使われています。厳密には「シリカ」とは「二酸化ケイ素」または「二酸化ケイ素によって構成された物質の総称」で、「シリカ」のほかに「無水ケイ素」、「ケイ酸」、「酸化シリコン」と呼ばれることもあります。一方「ケイ素」は地殻中に大量に存在し、鉱物の重要な構成要素として「ケイ酸塩鉱物」という大きなグループを形成しています。これは生物との関わりは薄く、一般的に「シリカ」と呼ばれる「二酸化ケイ素」が生物に影響を与える成分のようです。

>>ケイ素(シリカ)を1番簡単に摂り入れられるのは、実績のコアミネラル